僕がこのサークルを運営する意味。

 

en-placeサークルに参加して頂いている皆さん、LINE@やHPを見て頂いている皆さん、いつもありがとうございます!

en-placeの代表・米村直樹(よねむらなおき)と申します(^^)/

 

早いもので、このサークルをスタートしてからもうすぐ1年が経とうとしています。

1日1日は長く感じるときがありますが、あとで振り返ると時間はあっという間に過ぎていきますね☆

 

 

僕自身、運営者としてen-placeについてたくさんのことを考える日々が続いていますが、800名を超えるLINE@会員様の中にも『このサークルってどんな目的でやっているの?』『en-placeってこれからどんな方向に向かうの?』と感じている方がいるかもしれない。

 

…ふとそう思い、今回は “サークル運営の目的”“en-placeが目指す姿” を伝えさせて頂くことにしました!

こうして個人的な想いをお伝えすることはありませんでしたが、最後まで読んで頂けると嬉しいです(^.^)/

 

まずは簡単に、僕(米村)の自己紹介をさせてもらいます☆

 

 

生まれは1989年1月16日で、名古屋市千種区に住んでいます。小中は野球、高大はテニスをやっていたので、学生時代はスポーツに明け暮れる毎日でした。

特技は “プーさんのモノマネ” ですが、あまりウケないので完全にスベり芸です(笑)

 

社会に出てからは4年半、広告代理店の営業マンとして働きましたが、入社後1年半で居眠事故を3回起こすほど働き詰めな日々… だけど、会社の人たちやお客様が好きだったので、充実したサラリーマン生活でした♪

25歳の夏に1週間、オランダへ渡ったことをきっかけに独立し、現在はビジョナリーシップ株式会社の代表をしています!

 

 

そして “自分の企画で世の中を面白くしたい” という想いから、”en-place” というコミュニティ作りに邁進するようになりました☆★

正直なところ、この短期間で800人以上も集まって頂けると思っていなかったので、自分でもビックリしています(^.^;

 

…ですがそれに見合った “強い想い” でこのサークルを運営しているので、今から皆さんにお伝えしていきたいと思います。

 

 

このサークルは “人の人生に良い事件を起こす” ことを目的に全てが動いていて、僕がこの想いからブレることは一切ありません。

 

 

ここで言う “良い事件” とは…

 

*念願の “恋人” ができた!!

*何でも話せる “親友” ができた!!

*学生時代の “青春” がよみがえった!!

 

…この3つになります!(^^)/

 

 

こうした “良い事件 = 嬉しい出来事” を皆さんの人生にお届けするため、en-placeは誕生しました。

中でも【念願の恋人ができた!!】という良い事件を起こすことが、en-placeサークルが【1番大切にする役割】です☆

 

 

僕の価値観として、人の人生を大きく変えるのは『恋愛』と『仕事』だと思っています。

付き合う恋人によって、働く環境によって、良くも悪くも大きく変わるのが人生☆★ …自分の実体験からそう思いますし、周りを見渡しても当てはまっています。

 

少々真面目でカタい話にはなりますが、僕は “人が変わるきっかけをつくりたい” と社会人になる前から描いていたので、それが果たせる『恋愛』と『仕事』のどちらかをテーマに活動したい!と考えました。

 

 

その2つを天秤にかけたとき…

 

仕事に興味がない人はいるけど、恋愛に興味がない人はいない。

 

…こんな答えに行き着いて、”恋愛をテーマにした企画 = en-placeサークル” を0から立ち上げることに決めました!

 

 

恋愛や結婚について話すとき、誰もが真剣に、そして楽しそうにする姿が僕は大好きです☆ …色んな想いを胸に独立し、ギリギリの気持ちで過ごした時期もありましたが、ようやく『天職』に巡り会えたところです。

 

男女が出会う場に不安はつきものだと思いますが、こうした真っ直ぐな想いで運営していて、爽やかに進めていくことを頭の片隅にしまっておいて下さい(^.^)/

 

 

さて、次にお話するのは “en-placeが目指す姿” です!

まだまだ話が長くなりますので、トイレ休憩が必要な方は今のうちにどうぞ!(笑)

 

…とこんな冗談はさておき、お話を続けたいと思います。

 

en-placeサークルでお会いした方はご存知のことですが、実は代表の僕自身もよくサークルに参加しています☆

 

 

ご覧の通りです!!

サークルの入会金は無料ですし、イベントの参加費も上乗せはしていないので、僕が参加しても売上になるわけではありません(^^;

 

…でも、お金では買えない “大きな財産” があると確信しています。

 

それは “サークルメンバーとの深い繋がり” で、en-placeを今後さらに大きくし、より多くの “良い事件” を起こす上でとても重要なんです☆

他の団体では代表者の顔や本音が見えなかったりしますが、en-placeサークルはその真逆をいきます!

 

 

話を “en-placeが目指す姿” に戻すと…

 

みんなでつくる恋活コミュニティ(参加者の意思で企画が動き、サークルが変わり、en-placeを共に面白くしてくれる)

 

…こうした姿を目指して運営してきたつもりですし、これからさらに【みんなでつくる】という色を強めていきたいです。

 

 

実際に各サークルで参加者発案のイベントが開催されたり、サークル共通ルールは男性メンバーが提案してくれましたし、最近できた “青春はつくれる” という “en-placeの合言葉” は女性メンバーがつくってくれました♪

 

自分1人よりみんなでつくった方が楽しいし、”運営側のエゴ” ではなく “参加者側の希望” をもとに形を変えていった方が良いサークルになるので、やっぱり僕は【サークルメンバーとの深い繋がり】を築きながら前に進んでいきたい。

メンバーから厳しい意見があったとしても、それが正しい!と感じれば、僕のちっぽけなプライドなんてすぐにコミ箱に捨てて、変わることを選択します。

 

 

愛知県だけを見れば、25歳〜39歳の独身男女は約50万人いるようです。

将来的には(5年後には)、この10人に1人にあたる “5万人” の方々にen-place会員になって頂き、東海エリアで “良い事件” を巻き起こしていきたいです☆★

 

…ここでは愛知県を例に出しましたが、岐阜県や三重県の皆さんもウェルカムなので安心して下さいね(^^)/

全国展開は特に考えておらず、愛知県を中心に東海エリアに密着してサークルをつくっていきます!

 

en-placeサークルは “男女で趣味を楽しめる場所” なので、会員が増えた暁には『en-placeカフェ』や『en-placeパーク』をつくり、先の話にはなりますが “笑顔が絶えない街づくり” にもトライしていきたいと思います☆

(…ここまでやるとなると、かなりお金もかかりそう(^.^; …そのためにen-placeも売上をつくる必要があるので、そこはご理解願います!!)

 

 

以上が、米村の考え方です!

キレイごとを並べて、、と感じた方もいるかもしれません。

 

ですが今回書かせて頂いたことは僕の本音で、そこに共感して頂いた方とen-placeサークルを面白くしていきたい!と常日頃思っていますので、この度皆さんに伝えさせてもらいました☆

 

まだまだ僕自身もお会いできていない方がたくさんいますし、サークルメンバーもあなたとの “新しい出会い” を心待ちにしています。

毎回違うメンバーで楽しむサークルなので、ぜひあなたもen-placeの輪の中に飛び込んできて下さい!^^

 

 

…みんなでみんなの人生に、“良い事件” を起こしていきましょう♪